読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いものやま。

雑多な知識の寄せ集め

MacでQEMUのビルドをしてみた。

最近、『30日でできる! OS自作入門』を読んでる。 30日でできる! OS自作入門作者: 川合秀実出版社/メーカー: マイナビ出版発売日: 2006/03/01メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る この本自体はだいぶ昔に買っていたんだけど、分厚いので完全に積…

手帳ネクロで遊んでみた。

またまたシャドウバースの話w 3月末に新カードパックの「神々の騒嵐」がリリースされて、環境もガラッと変わって面白いことになってる。 アグネクの活躍 特に驚いたのが、アグネク(アグロネクロ)の活躍。 リリース直前は、ドラゴンに「ライトニングブラス…

「交換」について考えてみた。

昔のブログに書いた記事から。 書いたのは2004年9月3日で、書いた時のタイトルは『交換。』。 Chronicle 2ndを聞いていて、ふと思ったことのメモ。 Chronicle 2ndアーティスト: Sound Horizon,霜月はるかメディア: CDこの商品を含むブログを見る ちなみに、…

ワイヤレスイヤホンを買ってみた。

ワイヤレスイヤホンを買ってみたので、その話など。 きっかけ まず、なんでワイヤレスイヤホンを買おうと思ったのかというと、iPhone 7のイヤホン変換ケーブルが断線したから。 これまでのイヤホンも気に入っていたし、新しいケーブルを買ってもよかったんだ…

常陸 風土記の丘の紹介。

最近は暖かくなってきて、いよいよ桜が楽しみな時期になってきた。 そこで、一つ紹介したいのが、常陸 風土記の丘(ひたち ふどきのおか)。 常陸 風土記の丘 ここは桜の名所らしく、2015年の4月12日に自転車で行ってきたんだけど、確かに凄かった。 常陸風…

『熱血!アセンブラ入門』を読んでみた。

『熱血!アセンブラ入門』を読んでみたので、感想とか。 熱血! アセンブラ入門作者: 坂井弘亮出版社/メーカー: 秀和システム発売日: 2015/06/12メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 購入に至るまで この本を初めて見たのは、近くのショッピングモ…

コーダーブルームの手賀沼ライドに行ってきた。

3月も後半になり、暖かくなってきた今日この頃。 ということで、3月25日(土)にお花見ライドと称してコーダーブルームのオーナーズライドが企画されたので、参加してきた。 これまでのオーナーズライドは、以下から: 今回のルート 今回のルートは、以下の…

時間に関する思考実験。

この前、言語の限界に関する考察を書いた。 この中で、時間論について少し触れた。 なので、昔書いた時間に関する思考実験を少し。 書いたのは、2004年11月3日。 時間についての、自分の考えをとりあえずまとめたもの。 とりあえず、思考実験を。 問1. もし…

『21世紀の貨幣論』を読んでみた。

最近、『21世紀の貨幣論』を読んで、これが非常に面白かったので紹介。 21世紀の貨幣論作者: フェリックスマーティン,Felix Martin,遠藤真美出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2014/09/26メディア: 単行本この商品を含むブログ (17件) を見る お金はど…

言語の限界について考えてみた。(まとめ)

これまでの各記事は以下から。 はじめに / 上下左右のない世界 / 疑問と根本的な限界 言語の限界について考えてみた。(その1) - いものやま。 言葉と意味、知っているということ 言語の限界について考えてみた。(その2) - いものやま。 「限界」のモデル…

言語の限界について考えてみた。(その5)

前回の続き。 今回が最後で、書いたのは2007年の12月30日。 言語に対するモデル 「犬をください」これは授業で扱ったプリントに載っていた四コマの出だしである。 この後、店員はどんな種類の犬を欲しがっているのかを尋ねるのだが、客の主張はどんな種類の…

言語の限界について考えてみた。(その4)

前回の続き。 今回は(6)で、書いたのは2007年12月27日。 時間はどこからやってくるのか 「時間はあっという間に過ぎ去ってしまう」「一年はあっという間だった」という言葉はよく聞かれる。 しかし、なぜそう感じるのかということを考えてみると、これは不…

言語の限界について考えてみた。(その3)

前回の続き。 今回は(4)と(5)で、書いたのはそれぞれ、2007年11月10日、11月24日。 「限界」のモデル ところで、「限界」という言葉を何気なく使ってきたが、これからより厳密な議論を行っていくために、この「限界」という言葉について、考察を加えてお…

言語の限界について考えてみた。(その2)

前回の続き。 今回は(3)で、書いたのは2007年10月21日。 言葉と意味、知っているということ 言葉の意味とは何であろうか。 この問いに対して、飯田隆の『ウィトゲンシュタイン』によれば、後期のウィトゲンシュタインは次のように考えていたという。 スロ…

言語の限界について考えてみた。(その1)

この前、「自分探し」に関する昔の記事を紹介した。 この中で、「限界」のモデルについて言及している部分があったけど、それに関連したこれまた昔の記事を紹介。 書いたときのタイトルは『言語の限界に関する考察。』で、(1)〜(7)の長編だったので、こ…

花田苑にまた行ってきた。

以前紹介した、埼玉県越谷市にある日本庭園、花田苑。 この中で、「梅の頃もキレイだったかも」と書いたけど、ちょうど梅の時期だったので、また行ってみた。 以下、写真垂れ流しでw いやぁ、よかったw ちなみに、なんか刀剣乱舞の撮影オフがあったみたいで…

「自分探し」について考えてみた。

前回、PULLTOP繋がりの昔の記事を紹介した。 この中で言及している記事をこのブログではまだ紹介していなかったので、その紹介。 書いたのは2004年11月5日で、そのときのタイトルは『自分探し?。』。 「自分探し」なるものについて。 他のブログを読んでい…

「夢」を語ることについて。

前回、PULLTOPのゲームに関連した昔の記事を紹介した。 その繋がりで、これまた昔に書いた記事をちょっと紹介。 書いたのは2005年の9月30日。 書いたときのタイトルは、『夢。』 『夏少女』というゲーム(※18禁)をやっていて、印象に残ったところがあったの…

ゲームと文学と萌えと異化。

この前書いた言葉にするということ。 - いものやま。に関連して、同じPULLTOPのゲームに関して言及した昔の記事をちょっと紹介。 書いたのは2005年6月20日。 このブログでこういうのを書くのはよそうと思ってたんだけど、とあるゲームをやっていて、どうして…

コントロールネクロデッキを作ってみた。

あいかわらずシャドウバースで遊んでるw 今回はコントロールネクロデッキを作ってみたので、その紹介。 ネクロマンサーの弱み まず、今回のデッキを作るきっかけとなった、ネクロマンサー(以下、ネクロ)の弱みから。 ネクロの弱み、それは何といっても、ド…

言葉にするということ。

Twitterを見てたら、次のようなツイートが。 わかる。言葉や文字にすると、すごく強化されるんだよねぇ。— ひげくまごろう@奥やん赤子やん大好きマン (@kumagoro_h) 2017年2月2日 これを見て、昔書いた文章を思い出したので、紹介しようかな、と。 書いたの…

シャドウバースポータルを使ってみた。

以前紹介したシャドウバースだけど、まだまだプレイ熱は収まらず。 新カードパックのバハムート降臨も昨年末に出て、ますます面白さが増している。 そんな中、ちょっと困ったのが、作成できるデッキの数。 新カードパックが出たので、いろいろ新しいデッキを…

2016年に初めて遊んだゲーム、ベスト5。

2015年に引き続き、2016年のも選んでみた。 2015年のは、以下から: yamaimo.hatenablog.jp 第5位「デンポー!!」 今年のゲームマーケット春で発表された、Spiel Embryoさんのゲーム。 (写真を撮っていなかった・・・不覚!) 電報で大事なことは、情報を…

新年の挨拶と今年やっていきたいこと。(2017年)

あけましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします! 初日の出@大洗 ということで、去年に引き続き、今年やっていきたいことをリストアップしてみた。 全般 まず、そもそもとして、もうちょっと更新頻度を上げたい(^^; いろいろと書きたい…

ブログの今年一年を振り返ってみた。(2016年)

2016年も終わりなので、去年に引き続き、ブログの今年一年を振り返ってみた。 全体 まずは全体的な振り返りから。 更新頻度 去年に引き続き、毎日更新を目指していたんだけど、いろいろあって断念。 あまり更新できなかった。 まさに去年、 一度でも更新をサ…

「コミックマーケット 91」出展のお知らせ。

昨年に引き続き、「コミックマーケット 91」にサークル「いもあらい。」で出展します。 2日目の12/30(金)、ブースは西1ホール【に09-a】です。 頒布物情報 以下の冊子を頒布予定です。 既刊/新刊 タイトル サイズ ページ数 価格 既刊 哲学散歩道I「正しさ…

シャドウバースで遊んでみた。

友人に誘われて、シャドウバース(通称シャドバ)というスマホゲームを最近よく遊んでる。 今日は、このシャドバの紹介と、自分が使ってるデッキを晒してみようと思う。 シャドウバースってどんなゲーム? まず、シャドウバースってどんなゲームか、というと…

トリテの専門用語について考えてみた。

トリックテイキングゲーム。 通称、トリテ。 このジャンルは、熱烈な愛好家がいる一方で、苦手もしくは嫌いと言っている人も少なくないと思う。 かくいう自分も、実は最初はトリテが大嫌いだった。 このトリテ嫌いを生み出す大きな要因の一つに、トリテ独特…

ゲムマ2016秋新作ゲーム体験会に行ってきた。

ゲムマもいよいよ今週末。 それに先立って、11月27日(日)に、池袋のサイコロブクロでゲムマ新作体験会が開かれた。 当日は時間を区切っての3部制で、12:30〜15:30の第1部、15:45〜18:45の第2部、19:00〜22:00の第3部という構成だった。 自分は夕方からは地…

コーダーブルームの宮ヶ瀬湖ライドに行ってきた。

前回の三浦半島ライドに引き続き、またまたコーダーブルームのオーナーズライドに参加してきた。 今度は宮ヶ瀬湖ライド。 今回のルート 今回のルートは、次のような感じ: 橋本駅から出発して、相模川沿いを走りながらグルっと回って宮ヶ瀬湖に行き、また橋…

輪行するなら知っておきたいテクニック。

自転車で遠出するなら、覚えておきたいのが輪行。 輪行が出来れば、電車で遠くまで移動してから自転車に乗ることも出来るし、あるいは逆に、遠くまで自転車で走っていって、そこから電車で帰ってくるといったことも出来る。 あまり起きて欲しくないけど、も…

コーダーブルームの三浦半島ライドに行ってきた。

ツイッターでお誘いがあり、10月30日にコーダーブルームの三浦半島ライドに行ってきた。 今回のルート 今回走ったのは、以下のようなルート: 久里浜駅からスタートして、三浦半島の東〜南側を巡って、城ヶ島へ。 そこでお昼を食べて、再び久里浜駅へと戻っ…

選択と責任の話。

つい最近、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のことを教えてくれた。』(以下、『ニー哲』)を読んだ。 ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。作者: 原田まりる出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2016/09/30メディ…

大洗にまた自走で行ってみた。

年初めに大洗に自走で行ったけど、また行ってみた。 今回のルート 今回走ったのは、以下のようなルート: 基本的には前回と同じルート。 ただ、奥谷からのルートがちょっと違う。 前回は、奥谷から国道6号から降りたあとは、県道16号を使ってずっと東に進ん…

MacにErlangをインストールしてみた。

最近、関数型言語に関してちょっと思うところがあって、いろいろ勉強中。 といっても、モナドとかではなく、並列性に関して。 それについてはまた別の機会に書くとして、今日はそれに関係してErlangをMacに入れてみたので、それについて。 全体の流れ 最初に…

『人工知能のための哲学塾』を読んでみた。

『人工知能のための哲学塾』を読んだので、感想とか。 人工知能のための哲学塾作者: 三宅陽一郎出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社発売日: 2016/08/11メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る この本は「何を」扱っているのか ディープラーニ…

Javaで動画作成ツールを作った話。(その1)

自分はニコニコ動画にいくつかボードゲーム動画を上げてるんだけど、動画を作るときに使っている自作ツールの話を少ししようかなと。 ちなみに、ツールの名前はMSC。 Movie-create-tool by Script and Commandの頭文字をとってMSCーーというのは建前で、実際…

コミックマーケット90の3日目に一般参加してきた。

2日目に引き続き、3日目も一般参加してきたので、その話を。 なお、2日目の様子は以下から: 再び国際展示場へ! せっかくなので、始発で行って、何時ぐらいに入れるのかをもう一度確認してみようと思ったのだけど、普通に起きれなかった(^^; ということ…

コミックマーケット90の2日目に一般参加してきた。

コミックマーケット90の2日目に一般参加してきたので、そのレポート(?) 国際展示場へ! さて、コミケというと、朝早くから待機列に並んで開場を待つもの、というイメージの人も多いだろうけど、必ずしもそんなことはない。 「大人気のサークル/企業さんの…

宝川温泉に輪行で行ってみた。

群馬県の水上にある、宝川温泉。 とっても大きな露天風呂があるということで、すごく気になってた。 ただ、自宅から自走で行くとなると、かなり遠い。 片道160km強とか。 そいつはキツイなということで、輪行で行ってみることにした。 ルート 今回走ったのは…

トランプゲーム「トレセッテ」(2人用ルール)の紹介。

以前、iOSで遊ぶトリテのススメ。 - いものやま。でも少し紹介したのだけど、イタリアの伝統的なトランプゲームである「トレセッテ」の2人用のルールをちゃんと紹介してみたいと思う。 というのも、日本語で書かれている「トレセッテ」のルールは、4人用、も…

Mac用とiOS用のフレームワークを作ってみた。

以前、強化学習用のニューラルネットワークをSwiftで書いていた。 ここで最後に触れた問題が、これ。 NSKeyedArchiver/NSKeyedUnarchiverでオブジェクトをエンコード/デコードすると、クラス名が(モジュール名).(クラス名)となるため、ある実行ファイルで保…

ペアーズのオリジナルルール「ヤック・チック・ノック・ダウン」を考えてみた。

テンデイズゲームズから日本語版が発売された、ペアーズ。 ペアーズ日本語版 | テンデイズゲームズ 1が1枚、2が2枚、・・・、10が10枚というカード構成で、ギャンブルゲームを中心とした様々なルールが用意されていて、とても面白い。 そして、今回、日本語…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その3)

昨日はポーカー(テキサスホールデム)でアウツからオッズを計算する方法を説明した。 ポーカーのオッズに関する説明でよく見るのは、ここまで。 といっても、比の形で表されたオッズを使った計算は、ほとんど見たことがないけど。 さて、ここまでの話は、間…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その2)

昨日はサイコロの賭けを題材にオッズの基本的な話をした。 今日はポーカー(テキサスホールデム)でのアウツの話と、オッズとの関係について。 アウツ 昨日はサイコロの賭けを題材にしていたけど、実際に考えたいのはポーカーでのオッズについて。 そのとき…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その1)

ポーカー(テキサスホールデム)の理論的な話でよく出るのが、オッズとアウツの話。 それ自体は別に問題ないと思うのだけど、自分には納得いかない部分があったので、その話を。 ただ、そもそもオッズとアウツの話が分かっていないとよく分からないと思うの…

ポーカーでサンクコストを考慮してはいけない数学的な理由。

久々にポーカー(テキサスホールデム)をやって面白かったので、昔考えたことを。 サンクコストを考慮してはならない テキサスホールデムに関する理論を見ていると出てくるのが、「サンクコストを考慮してはならない」という話。 テキサスホールデムでは、ベ…

CodeIQ「ディビジョン・ナイン」問題を解いてみた。

CodeIQで出題された「ディビジョン・ナイン」問題。 Rubyで解いてみたので、コードを公開してみる。 問題 問題は以下のとおり: 1から4の数字を使って 桁の整数を作ります。 このとき、9の倍数となるものを考えましょう。 例えば であれば、234、333、441、…

強化学習用のニューラルネットワークをSwiftで書いてみた。(その8)

前回は○×ゲームをSwiftで実装した。 今日はSarsaComの実装。 なお、Rubyでの実装は、以下を参照: SarsaComクラス ということで、さっそく。 //============================== // TicTacToe //------------------------------ // SarsaCom.swift //========…

自転車で都内の桜とか見てきた。

花見の季節。 ということで、久々に自転車に乗って、都内の桜とか、いろいろ見てきた。 ルート 今回走ったルートは、以下: 国道4号を南下して、入谷で鶯谷の方に折れて線路越え。 そして、上野、不忍池を回り、秋葉原を通って靖国通りへ。 そのあと、千鳥ヶ…