読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いものやま。

雑多な知識の寄せ集め

変種オセロの仕上げをしてみた。(その1)

ゲーム開発 Swift YWF

前回までで、変種オセロをゲームとして遊べるところまで作った。

あとは仕上げということで、残ったタスクをこなしていく。

アイコンの作成

まずはアイコンから。

App Storeに提出するときには、さらに大きいサイズのアイコンが必要なようだけど、とりあえずデバイス用ということで、iDrawを使って180x180のアイコンを作成。
これまでに作った素材を組み合わせて、こんな感じにした。

f:id:yamaimo0625:20150916150940p:plain

なお、角丸になっていないけど、そこは勝手に角丸になってくれるので大丈夫。

そして、ドロー系の強みを活かして、必要なサイズのアイコン画像を出力していく。

必要なサイズは、以下のとおり:

用途 論理サイズ 物理サイズ 縮小率※
iPhone設定項目(2x) 29pt 58px 32.2%
iPhone設定項目(3x) 29pt 87px 48.3%
iPhone検索結果(2x) 40pt 80px 44.4%
iPhone検索結果(3x) 40pt 120px 66.6%
iPhoneアイコン(2x) 60pt 120px 66.6%
iPhoneアイコン(3x) 60pt 180px 100%
iPad設定項目(1x) 29pt 29px 16.1%
iPad設定項目(2x) 29pt 58px 32.2%
iPad検索結果(1x) 40pt 40px 22.2%
iPad検索結果(2x) 40pt 80px 44.4%
iPadアイコン(1x) 76pt 76px 42.2%
iPadアイコン(2x) 76pt 152px 84.4%

※180pxを100%としたときの、物理サイズの割合

なお、設定項目用のアイコンは、今回は不要なんだけど、とりあえず用意しておいた。
それと、iOS6以下用のアイコンは用意していない。

アイコンの登録

画像が用意できたら、アセットファイルに画像を登録していく。

Images.xcassetsのAppIconの適切な場所に、用意した画像をドラッグ&ドロップでそれぞれ登録。 すると、こんな感じ。

f:id:yamaimo0625:20150916152937p:plain

これでOK。

アイコン表示の確認

ビルドしてシミュレータなどで実行し、ホームボタンを押してホーム画面に戻ると、アイコンがちゃんと表示されていることが確認できる。

f:id:yamaimo0625:20150916153925p:plain

今日はここまで!