読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いものやま。

雑多な知識の寄せ集め

ゲーム

手帳ネクロで遊んでみた。

またまたシャドウバースの話w 3月末に新カードパックの「神々の騒嵐」がリリースされて、環境もガラッと変わって面白いことになってる。 アグネクの活躍 特に驚いたのが、アグネク(アグロネクロ)の活躍。 リリース直前は、ドラゴンに「ライトニングブラス…

コントロールネクロデッキを作ってみた。

あいかわらずシャドウバースで遊んでるw 今回はコントロールネクロデッキを作ってみたので、その紹介。 ネクロマンサーの弱み まず、今回のデッキを作るきっかけとなった、ネクロマンサー(以下、ネクロ)の弱みから。 ネクロの弱み、それは何といっても、ド…

シャドウバースポータルを使ってみた。

以前紹介したシャドウバースだけど、まだまだプレイ熱は収まらず。 新カードパックのバハムート降臨も昨年末に出て、ますます面白さが増している。 そんな中、ちょっと困ったのが、作成できるデッキの数。 新カードパックが出たので、いろいろ新しいデッキを…

2016年に初めて遊んだゲーム、ベスト5。

2015年に引き続き、2016年のも選んでみた。 2015年のは、以下から: yamaimo.hatenablog.jp 第5位「デンポー!!」 今年のゲームマーケット春で発表された、Spiel Embryoさんのゲーム。 (写真を撮っていなかった・・・不覚!) 電報で大事なことは、情報を…

シャドウバースで遊んでみた。

友人に誘われて、シャドウバース(通称シャドバ)というスマホゲームを最近よく遊んでる。 今日は、このシャドバの紹介と、自分が使ってるデッキを晒してみようと思う。 シャドウバースってどんなゲーム? まず、シャドウバースってどんなゲームか、というと…

トリテの専門用語について考えてみた。

トリックテイキングゲーム。 通称、トリテ。 このジャンルは、熱烈な愛好家がいる一方で、苦手もしくは嫌いと言っている人も少なくないと思う。 かくいう自分も、実は最初はトリテが大嫌いだった。 このトリテ嫌いを生み出す大きな要因の一つに、トリテ独特…

ゲムマ2016秋新作ゲーム体験会に行ってきた。

ゲムマもいよいよ今週末。 それに先立って、11月27日(日)に、池袋のサイコロブクロでゲムマ新作体験会が開かれた。 当日は時間を区切っての3部制で、12:30〜15:30の第1部、15:45〜18:45の第2部、19:00〜22:00の第3部という構成だった。 自分は夕方からは地…

トランプゲーム「トレセッテ」(2人用ルール)の紹介。

以前、iOSで遊ぶトリテのススメ。 - いものやま。でも少し紹介したのだけど、イタリアの伝統的なトランプゲームである「トレセッテ」の2人用のルールをちゃんと紹介してみたいと思う。 というのも、日本語で書かれている「トレセッテ」のルールは、4人用、も…

ペアーズのオリジナルルール「ヤック・チック・ノック・ダウン」を考えてみた。

テンデイズゲームズから日本語版が発売された、ペアーズ。 ペアーズ日本語版 | テンデイズゲームズ 1が1枚、2が2枚、・・・、10が10枚というカード構成で、ギャンブルゲームを中心とした様々なルールが用意されていて、とても面白い。 そして、今回、日本語…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その3)

昨日はポーカー(テキサスホールデム)でアウツからオッズを計算する方法を説明した。 ポーカーのオッズに関する説明でよく見るのは、ここまで。 といっても、比の形で表されたオッズを使った計算は、ほとんど見たことがないけど。 さて、ここまでの話は、間…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その2)

昨日はサイコロの賭けを題材にオッズの基本的な話をした。 今日はポーカー(テキサスホールデム)でのアウツの話と、オッズとの関係について。 アウツ 昨日はサイコロの賭けを題材にしていたけど、実際に考えたいのはポーカーでのオッズについて。 そのとき…

ポーカーのオッズとアウツの話。(その1)

ポーカー(テキサスホールデム)の理論的な話でよく出るのが、オッズとアウツの話。 それ自体は別に問題ないと思うのだけど、自分には納得いかない部分があったので、その話を。 ただ、そもそもオッズとアウツの話が分かっていないとよく分からないと思うの…

ポーカーでサンクコストを考慮してはいけない数学的な理由。

久々にポーカー(テキサスホールデム)をやって面白かったので、昔考えたことを。 サンクコストを考慮してはならない テキサスホールデムに関する理論を見ていると出てくるのが、「サンクコストを考慮してはならない」という話。 テキサスホールデムでは、ベ…

ボードゲーム「カタン」について語ってみた。

言わずと知れたボードゲームの名作である「カタン」。 自分も「カタン」は仲間内でかなり遊んだけど、好きなゲームの一つ。 他のゲームも遊ぶようになってからはやる機会も減ったけど、昔はホントにこれしかやらなかったし、今でもたまに思い出したようにや…

トランプゲーム「エスコバ」の紹介。

pagat.com を見ていたら、オススメゲームで紹介されていた「エスコバ」というトランプゲームが面白そうだったので、紹介。 参照したページ: Rules of Card Games: Escoba 概要 「エスコバ」は「ほうき」という意味。 手札を使ってテーブル上にあるカードを…

Webで「ダイスビンゴ」を遊んでみた。

ダイスを振ってビンゴのマス目を埋めていく「ダイスビンゴ」。 Würfel Bingo出版社/メーカー: Schmidt Spiele Gmbh発売日: 2014/03メディア: おもちゃ&ホビーこの商品を含むブログを見る ルールは簡単なんだけど、なかなか悩ましくて、面白い。 そして、時…

「5/8 chips」というトリテを考えてみた。

「5/8 chips」というトランプとチップを使ったトリックテイキングゲームを考えてみたので、紹介。 名前の由来は、もちろんあのポテトチップスw なお、テストプレイはやってない! 概要 手札8枚で5トリック以上とることを目指すトリックテイキングゲーム。 プ…

3人で遊びたいボードゲーム3選。

世の中にボードゲームはたくさんあるけど、4人や5人で遊ぶのが面白いようにデザインされているボードゲームが多い。 一方、3人用のルールだと「4人がベストだけど3人でも遊べるよ」というものが多く、「3人がベスト」と呼べるようなゲームとなると、なかなか…

2015年に初めて遊んだゲーム、ベスト5。

年末なので、今年初めて遊んだゲームから、特に気に入ったゲームの紹介。 一応、順位をつけてるけど、どのゲームもかなり好き! 第5位「étranger(エトランゼ)」 今年のゲームマーケット大阪で発表された、Spieldisorderさんのゲーム。 プレイヤーはフリー…

「SoloXmas」攻略のヒント。

クリスマスですね・・・ もっとも、日本的に盛り上がるのはクリスマス・イブなんで、クリスマスはどうでもいいのかもしれないけど。 今日は「SoloXmas」攻略のヒントの話。 「SoloXmas」は難しい? 「SoloXmas」なんだけど、ある程度の勘所を掴んでいないと…

「SoloXmas」をリアルで遊んでみた。

クリスマス・イブですね・・・ ということで、リアルに「SoloXmas」を独りで遊んでみたよ。 コンポーネント制作 まずは実際にコンポーネントを作らないといけないから、コンポーネントの自作から。 今回使ったのは、100均で売っていた透明プラ板。 これはオ…

「ソロ・クリスマス」の終盤から。

以前考えたクリスマス用のソリティア「ソロ・クリスマス」。 これをプレイしていて、なかなか手応えのある終盤が出てきたので、クイズとして出題。 次の状態からツリーを完成させるには、どうしたらいいだろう? 最後のツリーが完成するまでの手順を考えてね…

iOSで遊ぶトリテのススメ。

トリックテイキングゲーム(以下トリテ)は面白いのだけど、ちょっとハードルが高いというのもまた事実。 トリテに慣れていない人にとっては、 なんだか専門用語が多くて難しい 見た目が地味、テーマがよく分からない(場合によってはない) ルールは分かる…

クリスマス用のソリティアを考えてみた。

もうすぐクリスマス。 ということで、クリスマス用のソリティアを考えてみた。(リア充爆発しろ 名付けて、「SoloXmas」w あらすじとルール 今回は画像であらすじとルールを用意してみた。 ちなみに、セットアップはコンピュータのが行うのでルールには書か…

RUCCIゲーム会に参加してきた。

11/8(日)に、吉川駅すぐ近くにあるダイニングバーRUCCIで開かれたゲーム会に参加してきた。 これまでにもRUCCIでは何回かゲーム会は開催されているんだけど、せっかくなのでレポートを。 アクセス まずはアクセスから。 最寄駅はJR武蔵野線の吉川駅で、改…

ゲムマ新作体験会に行ってきた。

11/7(土)に、秋葉原のイエローサブマリンRPGショップでゲムマ新作体験会があったので、プレイヤーの一人として参加してきた。 その様子や、そこで遊んだゲームについて。 ゲムマ新作体験会について この企画はPower9Gamesのナインさん主催のもので、ゲムマ…

トランプゲーム「22」の紹介。

すでにいろんなところで紹介しているのだけど、ブログでも。 ということで、ちょっと変わったトリックテイキング「22」の紹介。 どんなゲーム? 「22」は以前紹介したシュナプセンやブリスコラと同じく、トリックテイキングというジャンルに分類されるゲーム…

ボードゲーム「モダンアート」について語ってみた。(その3)

昨日の続き。 今日は「モダンアート」での「相場観」ーーすなわち、絵画の値段にいくらつけるべきなのかーーについて語ってみたい。 (ニューゲームズオーダー版のモダンアート) 復習 その前に、まずはおさらいから。 再三になるけれど、ポイントは次のこと…

ボードゲーム「モダンアート」について語ってみた。(その2)

昨日の続き。 今日は、相場操作ではなく、競り自体について語ってみたい。 (バーで遊んだときの様子) 復習 まず、昨日のおさらいから。 「モダンアート」のポイントは、以下のとおりだった。 「モダンアート」で点数が変化するは、自分が絵画を売るときか…

ボードゲーム「モダンアート」について語ってみた。(その1)

YWFの仕上げの方は、ちょっとお休み。 Swift 2.0への対応を考えないといけなくなったので。 今日は、ボードゲーム「モダンアート」について、ちょっと語ってみたい。 「モダンアート」ってどんなゲーム? 「モダンアート」はライナー・クニツィアがデザイン…

トランプゲーム「ブリスコラ」のバリアントの話。

イタリアの古いトランプゲーム「ブリスコラ」のバリアントに関して、なんか混乱があるようだったので、ちょっとまとめてみた。 そもそも「ブリスコラ」ってどんなゲーム? せっかくなので、ブリスコラの紹介も少し。 ブリスコラは古いイタリアのトランプゲー…

馬跳びゲームを考えてみた。(その2)

馬跳びゲームについては、昨日の記事を参照。 馬跳びゲームを考えてみた。(その1) - いものやま。 今日はその必勝法について。 基本的な考え方 必勝法は、逆算で考えていくといい。 馬跳びゲームの場合、9cmのラインの手前を取れれば、必ず勝てる。 自分が…

馬跳びゲームを考えてみた。(その1)

CodeIQを見てたら、次のような問題があった。 プリッとアンサー「10と言ったら負け」 | CodeIQ 問題自体はまぁいいとして、このゲームは割と有名だし、そして必勝法も簡単だ。 ゲームの内容を書いておくと、以下のとおり。 二人で交互に手番を行い、数字を1…

トランプゲーム「シュナプセン」の紹介。

最近、iOSでよく遊んでるゲームが、トランプゲームのシュナプセン。 SchnapsenGary Beckゲーム¥240 今日はシュナプセンをちょっと紹介してみたいと思う。 シュナプセンについて シュナプセンは二人用のゲーム。 オーストリアでポピュラーなゲームらしい。 ジ…